それぞれの種類を理解する

部屋

横浜で賃貸マンションを検討している場合には、それぞれの種類をあらかじめ知っておくことが必要になるでしょう。通常マンションと呼ばれるものは、鉄筋コンクリートで3階建て以上になります。エレベーターが付いているところと、ついていないところがありますが、最近は3階建て以上のマンションならば付いているところが多いです。賃貸マンションの場合には、分譲マンションに比べて小さいイメージがあるかもしれませんが、物件によってさまざまといえるでしょう。一方で、最近になって増えてきているのはタワーマンションと呼ばれる種類です。タワーマンションの明確な定義はありませんが、一般的に10階建て以上で高さは60m以上あればタワーマンションと定義している傾向があります。横浜でも、駅の近くなどにはタワーマンションを見ることができるでしょう。タワーマンションは、低層階と高層階で随分と金額が異なります。家賃で言えば2倍から3倍ぐらい違うことも少なくありません。横浜市内ならば、1か月50万円以上するようなところもありますので、よく検討しておきましょう。さらに、大規模マンションと呼ばれるところもあります。500世帯ぐらい入っているマンションが存在しており、幅広い世代の入居者がいるのが特徴です。駅前などにあることはあまりありませんが、駅から少し離れた所にそのような大きなマンションが建築されている傾向があります。

どのような目的で利用するか

家の模型と電卓

横浜の賃貸マンションを借りる場合も、ほとんどの場合個人で利用する場合にはそこに住むのが一番の目的になるでしょう。特に、3LDKなどの家族サイズのマンションを借りる場合、そこに家族が住むこと以外にあまり使われることはありません。ただ、実際には人が居住する以外にも利用している例もあります。例えば、横浜の駅の近くならば、オフィスにしているようなところもあるでしょう。3LDKの広さならば、そこに人が4人から5人ぐらい出入りしていてもおかしくない広さになります。わざわざそのようなマンションを利用するのは、少しでもテナント費用を安くしようとしているからにすぎません。通常のテナントを利用する場合に比べても、賃貸マンションの方が賃料が安いことが考えられるわけです。それ以外では、ピアノ教室などに利用している例もあります。ピアノ業種でマンションを利用する場合は、防音設備などを充実させなければいけません。そのため、借りる場合でも防音設備を設置する許可が必要になるところです。

広告募集中